レシチン

大豆レシチン

 レシチンは大豆に含まれる不飽和脂肪酸です。レシチンには強い乳化作用があり、血管内に付着したコレステロールを溶かして、血流の流れを良くする効果があります。また、付着したコレステロールを溶かすだけでなく、コレステロールが固まるのを防ぎ付着しないようにする働きもあります。いわゆる脂肪代謝機能と呼ばれるものです。

 

 そのため、動脈硬化を防ぎ脳出血等の予防に非常に効果があります。また、その脂肪代謝機能により、肝臓中の脂肪分を減らす働きがあるので、脂肪肝の予防にも効果があります。

 

 卵黄にも含まれ、サプリメントにも利用されていることから、サプリメントとして販売される際には卵黄レシチン、大豆レシチンなどと呼ばれ区別しています。