豆乳のたんぱく質

豆乳由来のたんぱく質

 豆乳にはたんぱく質が豊富に含まれ、しかもアミノ酸スコアが高いというメリットがあります。

 

 アミノ酸スコアとは食品中のたんぱく質の品質を評価するためのスコアです。必須アミノ酸(体内で十分な量を合成できず、栄養として摂取しなければならないアミノ酸のこと)が全て含まれている食品はアミノ酸スコアが100になります。

 

 一般的には植物性たんぱく質はアミノ酸スコアが低いにもかかわらず、大豆(豆乳)のたんぱく質はアミノ酸スコアが100となっています。動物性のたんぱく質はアミノ酸スコアが高いですが、コレステロールを上げてしまいます。しかし反対に豆乳の植物性たんぱく質はコレステロールを下げる働きがあります。

 

 アミノ酸スコアが肉などの動物性たんぱく質と同様に高いのであれば、味覚については好みがありますが、機能性だけで言えば圧倒的に植物性たんぱく質に分があると言えるでしょう。