乳糖不耐症

乳糖不耐症とは

 糖質を腸で吸収できないことで発症し、乳糖の摂ると下痢や嘔吐、胃腸の不快感などの症状がみられることがあります。

 

 腸で糖分(乳糖だけでなく全ての糖)が吸収される時には糖を分解する酵素が働きますが、乳糖不耐症では、乳糖を分解する乳糖分解酵素がないか、もしくは少ないため、乳を摂取しても中々分解できず、吸収されない乳糖がそのまま腸に浸透し、下痢をおこします。さらに、細菌によって発酵して腸を刺激し、便が水状になり、頻繁に便を排泄する。また嘔吐する場合もあります。

 

 乳糖不耐症は、牛乳アレルギーと勘違いされることが多いですが、乳糖不耐症は牛乳アレルギーとは全く別のものです。乳糖不耐症は乳糖を分解できずに下痢を起こしますが、牛乳アレルギーは牛乳に含まれるたんぱく質がアミノ酸まで分解されずにたんぱく質のまま吸収されることによって抗原反応を起こすアレルギーのことです。