牛乳アレルギーの原因

牛乳のアレルギー

 日本人は牛乳アレルギーの人の割合がかなり高いです。では、牛乳アレルギーとはいったい何で、どのような症状があるのでしょうか。

 

 牛乳アレルギーの症状が起きる原因は、カゼイン、αラクトアルブミン、βラクトグロブリンという三つのたん白質です。このたん白質が消化されないまま吸収されると抗原となって腸から体内に入り、抗体が出来ます。

 

 その後、再び抗原であるたん白質が吸収されると抗原反応が起こります。牛乳アレルギーだけでなく、他のアレルギーもこういった仕組みで発症します。スズメバチに刺されたりしても同じですよね。

 

 牛乳アレルギーは乳幼児が発症することが多いことから、新生児に牛乳を含むたん白質を与える場合は気をつけなければなりません。とは言っても粉ミルクは全て牛乳由来ですし、大人になっても牛乳アレルギーの方はいますが、通常牛乳アレルギーは2歳〜3歳までの間に治ることが多いです。

 

 また、アレルギーを発症していると牛乳だけでなく他の食べ物でもアレルギーを発症する率が高いことが知られています。子供が何かのアレルギーを発症したら、他のアレルギーを発症する可能性が高いので注意が必要です。

 

 間違えやすいものに乳糖不耐症があります。乳糖不耐症は、乳糖を摂ると下痢などの症状が現れますが、牛乳アレルギーはカゼイン、αラクトアルブミン、βラクトグロブリンが含まれているもの全てが駄目です。つまり乳製品が使われているものは全てアレルギーの原因となります。

 

 症状としては、下痢や発疹、喘息などの症状がありますが、まれにアナフィラキシーを起こすこともあります。